■クランクプーリ&トリガーホイール・ピックアップセンサーセットアップ■

 

ここさせ抑えると取付け作業が簡単に行えます。

他エンジンには別途センサー取付けブラケットが必要になりますのでご了承ください。

 

 







■KENTエンジンへの取付けアプローチは他車より非常に簡単ですので参考にしてください。

※ユーザーさんの多くはご自分で装着されています。

 

尚、作業前には必ず1番もしくは4番シリンダートップを出してから行ってください。

 

□画像説明□

@エンジンを下ろした状態ですが通常は下ろさないで作業します。

Aプーリーボルトとタイミングカバーボルトを外します

Bプーリーを外した状態。

C専用プーリーセットを組み付けます。

※専用プーリーを併用すると面倒が省けますから専用プーリーのご使用をお勧めします。

 







Dタイミングカバーボルトとスペーサーを外した箇所に入れます。

E拡大写真です。

Fピックアップセンサー&ブラケットをタイミングカバー部に取り付けます。(付属のワッシャーで高さ調整も可能です)

Gこのようになります。(トリガーホイールの規定位置及びピックアップセンサーがセンターに位置するように設定します)

※ピックアップセンサーとトリガーホイールのエアーギャップは付属のギャップゲージで設定してください。

 







Hセンサーとトリガーホイールのエアーギャップを調整し、センサーを固定します。(上文のようにエアーギャップゲージでクリアランス調整)

Iデスビーは不必要になりますのでそのまま外します。

※画像のブラケットを外しデスビーシャフトを外し再度デスビープラケットを取り付ける。Jの画像

Jデスビーシャフトを外し再度組み付けた状態。

K付属の専用デスビーブロックオフを取り付けて終了。

 

キットパーツでエンジン回りのパーツ取付けがイージーになりユーザーさんにも装着できる仕様です。

サポートもありますので不明な点はご質問ください。

 

 

 




return to top-page return to DIG・top-page



プライバシーポリシー | お問い合わせ
Copyright (C) 2015 BCtechnology All rights reserved.