■ピックアップセンサー&トリガーホイールセットアップ位置■

@シリンダー・1番上死点位置でトリガーホイールとピックアップセンサーを参考図に沿った取付をする。

Aピックアップセンサーホルダーはエンジン高回転域でもブレないようにしっかりしたホルダーを使用する。

Bピックアップセンサーのセンター位置を厳守。

Cトリガーホイール(図参照)の11目の切り角をピックアップセンサーのセンターに位置する。

Dトリガーホイールとピックアップセンサーのエアーギャップは1mmほど。※エンジンスタート前に必ずエアーブローをする(厳守)

Eアクセル・オン時、エンジンが持ち上がるのでセンサー配線にエンジンが動く分の配線のゆとりを持つこと。

 

 

 

■センサー位置/1番上死点厳守■

上下の参考図は各ピックアップセンサーのセンター位置・トリガーホイールの歯角位置、このような状態でセットします。

エアーギャップを忘れずに!!

できればトリガーホイールの取付はカムシャフトのバルブタイミング調整可能なスライド方式を流用した方がセットアップが格段にアップします。

この作業をしっかり行わないと取付後のエンジン始動はセル一発で始動しません。

通常は取付方法や配線ミス等が無い場合は必ず『セル一発』でエンジン始動します。

※エンジンキーを回しエンジンスタートするとXDIユニット本体のLEDがグリーンに点灯します。(エンジンが始動しているという目安)

 

 

 

   top page



プライバシーポリシー | お問い合わせ
Copyright (C) 2015 BCtechnology All rights reserved.