■H/D・SUSフロント サブフレーム リア フィッティング ストラップ■

 

フロントサブフレーム・リアマウント固定用、SUS/HDストラップです。

フロアボディーのクラック発生防止の純正ストラップの対策強化パーツです。

純正対比、5倍以上!!の強化パーツです。


画像

■H/D・SUSストラップ/フロントサブフレームリアマウント■

 

フロントサブフレーム・リアマウント固定ストラップ・強化パーツです。

下の画像のように素材の厚さの違いがはっきりわかると思います。

 

●純正対比

純正ストラップ:スチール製・1.6mm厚 幅:22mm弱

H/D・SUSストラップ:SUS304素材・3mm厚 幅:36mm

※対比詳細は下側の画像をご参考に。

 

固定ボルトもSUS素材を当社で専用に加工仕上げしたボルトを使用しています。

 

格安で価格設定しました!!

    ■H/D・SUSフロント サブフレーム リア フィッティング ストラップ        1台分/左右2枚 P/NO:4040-C37   価格¥7500-(税別)


■素材厚の対比@■ 

画像

■実際の厚さの違い■


上部:スチール製・純正ストラップパーツ

 

下部・H/D・SUSストラップパーツ

 

貧弱なパーツが取付部のフロアパネルにダメージを与えてしまいます。

 


■素材の対比A■ 

画像

■取付幅の違い■


H/D・SUSストラップに純正ストラップを重ねた状態です。

 

純正ストラップより1.6倍以上ワイドになっているので取付け時の密着面積が増大しサブフレームの微振動を解消します。

 


■かなり拘った作りです!!■ 

画像

■たかがボルトを溶接取付けしているだけではありません。■


●SUS・304素材、3mm厚のパネルの穴部にタップを切り穴上部をテーパーのザグリ加工を施します。(赤矢印部)

 

●M8・SUSボルト頭部の加工。

外径を円形にしヘッドの厚さをSUSパネルと同一、そしてテーパー状に削り突起を緩やかに仕上げています。

ボルトねじ先端をテーパー状にし取付け時のアプローチを改善しています。

※六角ボルトをそのまま溶接すると見た目が悪いんですね。しかし、僕との加工はかなり時間を要するので大変です。

加工仕上げした専用SUSボルトをSUSパネルにねじ込み、アルゴン溶接で緩み止め仕上げで完成!!

 

締付ナットは固定面積を増やすため皿ナットをチョイスしました。

 

 


■取付け状態■ 

画像

■画像では分かりにくいのですが・・・■

 

ストラップ取付け部ボディーパネル部はオリジナルでもスチールパネルで補強されていますが最低限の強度のみです。

※パーツ幅の対比は上部画像をご覧ください。

 

H/D・SUSパネル厚は3mmと純正スチール素材で6〜7mm以上の厚さに相当。

 

ワイド設計ですからフロントサブフレームからの微振動をSUSパネルでがっちり受け止めることが可能です。


微振動でボディーパネルにクラックトラブルが発生する前に是非、交換してください。

 

※既にボディーパネルにクラックが発生している車両は当社パーツの別売りH/D・SUSパネルセットをお使いください。


■ボディーパネルのダメージ・・・■ 

画像

■深刻なダメージです・・・■


ここまでダメージがあるとリペアが非常に大変です。

 

ストラップパネル接着面積よりマウント取付け部の接着面積が大きい為、サブフレームの振動をボディ−パネルで受けその結果徐々にクラックが発生するのです。

 

H/D・SUSストラップもラインアップしましたのでご心配な方は是非、純正を取り外し強化H/Dパーツを装着してください。

 

 

 


■A/T車両やスポーツ走行車両には必需パーツ■ 

画像

■SUS素材フロアパネルで更に強度アップ■


画像はフロアパネルの裏側のサポートパネルです。

 

SUS304素材・2mm厚でスチール製ですと4mm厚ほどの薄くて強度が有るということです。

 

また、ストラップパネルはSUS304・3mmですからスチールパネルで換算すると最低でも6mm厚のパネルとなります。

 

もちろん部分的な曲りにもスチール素材とは違い耐曲り防止に優れていますのでミニのフロアパネルの致命的なフロアパネル部の強度不足を補うH/Dパーツです。

 

フロアパネルにクラックが発生する前にH/Dパーツのお取付をお勧めします。

クラックが発生すると溶接等のリペアをしても通常の強度が出ず、溶接個所からサビが発生します。

かなり深刻な箇所ですから一度ご自分の車両をご確認ください。


■お知らせ■

 

お断り無く製品バージョンアップ及び製品プライスの変更がする場合が有ります。

 

 

 




 

 

 

 

 

プライバシーポリシー | お問い合わせ
Copyright (C) 2015 BCtechnology All rights reserved.

 

 


top page info page