■1997年〜、ヒュージブルリンク・大容量配線オルタネーター+Bコード 防水加工済■

 

オルタネーター『+B』端子接続専用ボルトオン配線キットです。

接続配線コードにも優しく、バッテリーにも優しいキットパーツです。

 

【 重要な注意事項 】

■純正配線コードの状態で大容量オルタネーター製品の取付けはしないでください!!電流負荷が増大するためコードが溶ける場合があります。■

また、オルタネーター・+B純正コードを取外し、太いコードをダイレクトに接続しないでください。

『突入電流』の不安要素がありますのでスローブローヒューズもしくはヒュージブルリンクコードを使用してください。

 

ヒュージブルリンク・コードの詳細1992〜1996年までのトラブル多発箇所・ヒュージブルリンク・コードの詳細画像はこちらになります。ヒュージブルリンク・コードの詳細

 

スローブローヒューズキット

特価製品・ヒュージブルリンクコード・ハイキャパ対応/1997年以降■

 

対応年式 : 1997年以降車両

使用方法 : 大容量オルタネーター+B接続配線の対策用配線キット


製品情報 : 確実な発電電流の出力増量、バッテリー劣化防止
(防水加工済)

 

以外に気付かないオルタネーター電源出力箇所の配線です。

純正電源出力配線のシステムを説明すると、オルタネーターから出力する+B配線はかなり太く(おおよそですが8sqほど?)セルモーター・マグネット端子に接続する手前の配線(長さ12〜13cm)が極端に細く、この細い箇所が『ヒューズ』の代わりになっているのです。

 

●オルタネーター発電の流れ

オルタネーター『+B出力端子』→『極太配線』→『細い配線・ヒュージブルリンク』→『マグネット端子』→『バッテリー』 このシステムに重大な問題が発生!!

 

しつこいようですが、一般のコードをそのままオルタネーター+B 端子〜マグネット端子コードにダイレクト接続しないでください。

必ず、スローブローヒューズもしくはヒュージブルリンクコードを使用してください。

コード間に平ヒューズをセットしたコード場合、平ヒューズアンペア以上の電流か流れるとヒューズが切れます。

当社ヒュージブルリンクコードは万一、オルタネーター発電量が瞬時に60、70A負荷がかかった場合でも切れません。

オルタネーターの特性上、バッテリー容量が不足し始めにアクセルONすると瞬時に発電流容量が上がり、数秒で発電流容量が下がります。

現在は世界中の車両にこのような電源管理パーツが装着されています。

また、防水処理を施していないため接点腐食で通電不良にもなりますからご注意ください。

 

                             ※配線関係の重要個所詳細は下記に記載していますのでご覧ください。

 

                                 ■オルタネーター・ヒュージブルリンクコード・+B配線キット■

                                1997年以降車両  P/NO:5FL8-735W  価格¥9980-(税別)

 

                                 ■+B端子専用・ブロンズナット/1個■ ※別売り                                  P/NO:5SB7-61R   価格¥2000-(税別)

 

                                     スローブローヒューズ  製作工程

                                    ※ヒュージブルリンクコードとは別製品です。

 

■ヒュージブルリンクコード/1997年以降車両取付け■

オルタネーター+B端子側とマグネット端子側。

ハイキャパタイプ・ヒュージブルリンクコードと交換することによりバッテリー充電回路の復活!!、そして万一、オルタネーター本体がショートしたり瞬時の過電流が発生した場合も他の機器に被害が及ばなくなりなす。

※画像のオルタネーター接続固定ナットは当社のブロンズナットを併用しています。

スローブローヒューズキット

 

 


■ダメージ・・・■ 

ダメージ箇所

■スローブローヒューズキットを作るキッカケ・・・■


ミニ専用スローブローヒューズキットを作るキッカケになった導通不良の配線です。

※スローブローヒューズキットより安価なヒュージブルリンクコードを今回ラインアップしました。ハイキャパ対応タイプです。

 

細い配線側がヒューズになっているようですがこの配線に熱が発生し劣化が進んだようです。

 

特に夜間走行のA/Cの使用、電動ファン作動などで多くの電圧が必要になります。

もちろんバッテリー電圧低下状態です。

バッテリー電圧低下を補うためアルタネーターが一生懸命バッテリー電圧を補充しようとしますが通電する配線が細いと流れる電圧も少なくその分電圧負荷が細い配線コード部に集中します。

また、ミニ車両自体のアース不良なども要因となりますが基本的にはこの箇所が細すぎるためオルタネーター発電電流を少なく制御してしまっているのです。

 

例えると、バッテリー上がりで他車両のバッテリーからジャンピングスタートする場合、ブースターケーブルが太いと勢い良くセルモーターが回りますが細いケーブルではセルモーターの回りが悪くなります。

 

このように現車では細い配線箇所をヒューズ機能を持たせた結果が経年劣化となり通電が減少するのはある意味、仕方ない構造と思います。

バッテリーにオルタネーター電流のストレス無くすためにはある程度太い適切な配線コードを使う必要が皆無です。

■ヒュージブルリンクコードの厳重な保護■ 

■2重、3重のチューブで保護■


+Bターミナルからマグネット端子までの配線コードには2重のチューブを用いプロテクとしています。

 

掲載画像の説明

●接続ターミナルのハンダ付け&防水収縮チューブで水の浸入を防止。

●耐熱180°のシリコンガラスチューブでコード全体を保護。

●耐熱105°のPVCチューブで更にコードを保護。

●更に更に、PVCチューブの両端を防水収縮チューブで水の浸入をシャットアウト。

これで熱対策・防水対策が完璧なヒュージブルリンクコードになります。

 

もちろん、通常のダイレクトなコードではなく過電流時にもしっかり対応するヒュージブルリンク(オーバーアンペアでもすぐ切れないヒューズ)が備わったコードです。

■オルタネーターヒュージブルリンク端子対比&当社ブロンズナット■

画像

■純正端子との違い■

 

画像はオルタネーター端子の比較です。

※上の端子部画像のフィニッシュした防水タイプの収縮チューブでPVCチューブをポロテクト(防水)した状態が解ると思います。

 

当社ヒュージブルリンク用端子は一般的車両に使用されている形状ですがミニ純正端子はわざわざ特殊な?端子にナットを付けた状態です。

 

こんなところに経費を掛けるのであればヒュージブルリンクコードにコストをと、考えてしまいます。

 

 


■オルタネーター+B端子用・ブロンズナット■

画像

■ブロンズナット取付け■

 

ブロンズナットをオルタネーター+B端子に組み込んだ状態です。

 

純正ロックナットは特殊な状態で組み込まれておりますがヒュージブルリンクコードを取り付ける際は是非併用する事をお勧めします。

 

 

 


■オルタネーター+B端子用・ブロンズナット■

通電向上には欠かせない当社オリジナルパーツです。

画像

■通電向上パーツ■

 

対応年式 : 1997年以降車両〜

使用方法 : +B端子ロックに。※スローブローキット端子専用ナット。


製品情報 : スローブローヒューズキット取付け時の発電電流の通電向上に。

 

スローブローヒューズキット&ヒュージブルリンクコードを取付けの際は特に推奨するパーツです。

 

+B端子(ターミナル面)全面で密着取付けできるので通電効率が向上します。

 

※当社スローブローキットコード専用ですから純正端子には使用できません。

 

          ■+B端子専用・ブロンズナット/1個■             P/NO:5SB7-61R   価格¥2000-(税別)


【 お断り 】

当社製品は予告なく仕様変更及び価格変更になる場合がありますのでご了承ください。

 

 

return to BteC-Top  

 



プライバシーポリシー | お問い合わせ
Copyright (C) 2015 BCtechnology All rights reserved.